上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目(昨日)は久々のマーク練習、
3日目の今日は練習レース
(といっても速い人もいてほとんどマジレース)でした。

昨日書かなかったので昨日・今日まとめて書きます。
(でも昨日の配艇とかは忘れちゃいました…
 覚えてる人は誰と乗ったか是非書いておいてください)

2日目はマーク練で、現役の参加者は1日目と同じでした。
あと松野さんが来てくれたので3艇出せました。
コンディションは北風で中風と順風の間くらい。
レグ短めの動作中心という感じでやりました。
配艇はいろいろあってぐちゃぐちゃになりましたが
自分はイトゥとなおちゃんと乗りました。

イトゥはレイライン読んでもらうと的中率80%!!
1回だけ足りなかったときがありましたが他はピッタリでした。
動作も特別気になるところはなく、完璧ではないけどいい感じでした。

なおちゃんは動作がめっちゃよくなりました。
ロール系はジブを引くのが速いし、
上タックも後回りにしたばかりなのによくできていました。
今日のレースでも特に問題ありませんでした。


今日のレースですが…配艇は

1R
389 わたくし&なおちゃん
719 鹿野兄弟
ミドリ 大石さん&キムキム

2R→ちょこっと走り合わせ
389 わたくし&なおちゃん
719 たかちゃん&チョクレ
ミドリ 菅原さん&キムキム

うわぁ719は坊主だらけだ…


必死すぎて他の人の状況はよくわからなかったので
自分のレースについて覚えていることを書きます。
「都立」っていう言葉がやたら出てきますが、都立3艇のどれかです。
自分はとにかく尊敬する都立ばっかり見て後つけるように走っていたので。笑

↓理由
・実力や経験が確実に上なので、コースや角度が参考になる
・他に学生がほとんど出てなかったので目標になる
・他艇の中でも特に識別できるので順位を落としたかの目安になる


1R

スタート1
上から出よう出ようと思っていたら
本部船に近づきすぎて(アンカーにひっかかるくらい)動けなくなりました。
たかはしちゃんに助けてもらいました。ゼネリコで助かりました。
この時点での反省→ダメだと思ったらすぐ戻る。無駄に攻めない。

スタート2
都立の上につけて、バウ30センチだけ考えていたら
30秒前とかかなりいい位置につけることができました。
が、下に他の艇がベッタリ入ってきて
↑「ルームないよ」って口だけハッタリかましてみたがやっぱり入られた。
あんまりギリギリだったのでラフしたらタックがかえって死にました。
ゼネリコで助かりました。
この時点での反省→下に入れない。ベアしようとして脅す。

スタート3
あんまりよく覚えてませんがなんとかルーム確保して
本船の近くから出ました。
あ、そうだ思い出した、30秒前でタックがかえっちゃって
遅れてしまったので適当なルームに全速力で入り込んだんでした。
上手く上れず両側の艇よりひっこんだ形になってしまいましたが
そこだけラインが前がかりになっていたようで、
結果的にはレースに出てる艇全体から見たら高めに出れたようです。

1上
とりあえず下艇の乱流が来る位置だったので即タックして
レイラインでタックっていう極端なコースをひきました。
ちょっとレイライン読むの失敗して、上マーク直前で2回タックしました。
特にいいブローとかはなかったのですがタックで減速もしなかったし
早い段階でスターボだったから上マークでもゴタゴタせず
まぁちょっと順位を落としたかなっていう感じで辿り着きました。

サイド
風の関係でクローズに限りなく近いアビームでした。
前から風が来てたので、かぶせられることを気にせずに
まっすぐマークに向かったら、インもとれたりして
とりあえず順位を落とさずにいけました。
↑他の艇は普段のレースのクセなのかちょっと上しめに走ってました
練習で走らない角度だったので初めは思考錯誤しましたが
(都立がランチャーを上げてるのをみてつられそうになったら
 すぐ降ろしていたのでやっぱりやめたりとか…)
慣れたらそこそこ走れました。ただ、慣れるのが遅かった…

1下
風の関係でアビームくらいでした。でもここが遅かったような。
とりあえずあんまり覚えてない…
順位を落としたのは確かです。
外側走ってたら2艇に水とられました。
2艇で済んでよかった、という感じでした。

2上
下を回ってポート一直線でした。
なぜか即タックした艇が沢山いたので、ごっそり抜けました。
上マーク付近では水の取り合いが面倒だったので
(というか2艇身ゾーン内で平気でタックする艇に
 ぶつけない自信がなかったので)
ちょっとチキって大回りしました。

2下
アビームに近い角度で、ジャイブせずいけました。
前の艇(都立など)に引き離される一方で
後続艇(719など)に追いつかれもせず
なんかしらないけど前後に誰もいないかんじでした。
都立はブランケにいれたつもりだったのにあっさり引き離されて
「うわぁ~都立やっぱ速ぇ(ていうか自分遅い)」と実感しました。

フィニッシュ
どっち有利とか考える余裕がなかったので
とりあえず都立2艇について右にいきました。
本船よりにフィニッシュしました。
後ろをみたら719がいました。
真ん中よりちょっと後ろくらいの順位だったようです。


2R

スタート
やっぱり都立の上につけて、同じようにまぁまぁな位置にいましたが
やっぱり下に入られました。前回の反省を生かしてベアしたけれど
それでも無理やり入られた上にベアしすぎてルーム潰しちゃった上、
しかもその艇の後ろにもう1艇いて逃げられませんでした。
その後の艇がどいた瞬間にアスターンして逃げて(30秒前ギリギリ)
ぽっかりあいてるとこに入り込んでなんとか半艇身遅れくらいで出ました。
ベアしてるときは思いっきり上にいた都立のブランケに入れられましたが
どうにか加速できただけ逃げてよかった。
あのままいたら動けなくなるとこでした。

1上
6タックくらいだったかな。結構多くタックした気がします。
スターボって言ってたかちゃんをどかしたり
たかちゃんに「タックしよう」ってなぜか交渉されて
そのまま行きたかったのになぜか言う事聞いちゃったりしました。
真ん中よりちょっと後ろくらいの順位でたどりつきました。

サイド
これまた自分の走りが遅かったような。
順位はちょっと落ちました。
上側を走っていた都立の艇が突然下をとりにガーッと横切って行ったり
めちゃめちゃイン側に行っていた菅原さんがインとってごっそり抜いたり
そういうとこばっか見てて自分のことはよく覚えてませんが
勉強になりました。

1下
回ったつぎの瞬間都立に抜かれそうになって
上しまくって逃げました。
他にも上している艇が多く、とりあえず目の前の艇に追いつきそうだったので
上から抜こうとしたら、上しあいになりました。
結局どうなったのかどうしても思い出せない…
最後に菅原さんに水もらって
「綺麗に回ってね」って言われた気がします。

2上
ブローでタックしていく感じで、やっぱり7タックくらいしました。
釣り船がすごく邪魔に感じました。
レイラインでは菅原さんの邪魔になるところでわざとタックしてみたら
(ごめんなさい。どうしても実戦で試してみたかったので…。爆)
潮の影響もあってカツカツになってしまいました。
もっと上してからタックすればいいんだよと後から教えてもらいましたが
本当にその通りでした。汗
ていうか思い切り2艇身(どころか1艇身くらい)で
タックしてきた艇がいてうざかった。爆
バウをかすめて先に回っていきました。

2下
後続艇(1下で抜かそうとして上しあいになった艇)
に抜かれそうになって、なんとか守りきりました。
インがとれるように上めで行ったら
3艇ごっそり抜ける(ラップしている)状態になりましたが
都立と上しあいしているうちに一番外側だった水色デッキの艇に逃げられました。
都立にも結局抜かされました。なんか説得されちゃいましたが
あのまま上しあいしていたらお互い死んでたと思うので
言うこときいてよかったと思います。
都立以外には抜かされず、インもとれたので
ここはそんなに悪くなかったけれど
追いついて並んでいた水色艇にあっさり離されたことを考えると
(こっちは他艇が上し合いしている間にまっすぐ走って抜け出していた様子)
やっぱり自分の走りはよろしくなかったのかもしれません。

このときの位置関係こんな
風上 ↑自他他水
   都

そういえば回るときに後から来たイン艇に「水ちょうだい」って言われ
ついつい承諾しちゃいましたが
(結局「やっぱ先いいよ」って言われて先に回らせてもらった)
よく考えたら奴は2艇身の時点ではラップしていなかったのでした。
都立のりょうたさん(説得された)に
「あーゆーときはちゃんと言わないとダメだよ」って
レース後に教えてもらったので
そのマーク際の交渉みたいなのをもっと勉強したいです。
とりあえず自分は前見て、
クルーに周り見ててもらわないとダメだな。
↑上やサイド回航直後は後続艇見ててもらったんですが

フィニッシュ
やっぱりどっち有利とか考える余裕がなくて
(というか正直上りのレグが途中で終わるってことを忘れてて)
1タックで本船寄りにフィニッシュしましたが
アウター有利だったようです。
最後グイッって上すっていうのは実戦できました
↑やりすぎてフィニッシュの瞬間止まったので足りなかったらやばかったです

総括
・スタートで最後までいい位置キープできない
 最初のスタート以外は出だしはなんとかなってた
 →下につかせない(もっと早く気付く)・タックかえさない
・クローズはタックするたびに速くなったり遅くなったり
 →もっと集中。1つのことだけに執着しない
・回航はそこそこ。水さえもらえればほぼ練習どおりにできた。
 ちょっとマークに触りそうだったので普段から触らないようにする。
 下はどうしても他艇より下にいっちゃったのでもっと練習。
 上は大回り気味にしたけど、下にいってもブランケに入るから
 それでよかったのかな、というかんじ。
 サイドは適当すぎたかもしれないけれど、上手く上側にいけて
 その結果ブランケにいれて抜いたり、下でインとったりできた
・下りがダメダメ
 走り・コースともに注意
 普段の練習からコース意識したい
 入りあわせでも後からくるブローを見るなど
 上しあい自体はわかってきた。
 上しあいしすぎそうなとき、どうしたらいいかわからない

とにかく一番得意(というか苦手じゃない)風域だったので
上りで走り負けした印象はあまりなかった。
下りはアビームならそんなに負けなかったけれど、
ランニングがダメだった気がした。

ベア・タック・ジャイブなどの動作は相変わらずイマイチだったけど
それによって大きく順位を落とすものではないとも思いました。
(ラフだけは下回航後に相当上手くやる必要があるけれど)
これらはちゃんと走れているときよりもむしろ、
艇速がないときに上手くやれるようになったらいいなという感じでした。
何らかの原因(ブランケとか)で逃げたいときとか、重要な気が。

順位の変動を考えると
上りでちょっと抜かして
上マークでちょっと抜かれたりして
下りは角度によるけど、コースが悪くなければ抜く・抜かれるが半々。
結果的にスタート直後より1、2個順位落とす感じでした。

なおちゃんは前日に2回も一緒に乗っていたので
とってもやりやすかったです。
極端に艇速が落ちたり、思い通りのコースを走れないようなミスは
一切ありませんでした。
特にほめたいとこは
・何タックでも終わった後にジブがある程度引けている
・ブローはもとより、ラルをよく見ている
・スキッパーが夢中でも冷静に「無理じゃない?」って言える。笑

気になったことがあるとしたら
・タック後ジブは引けているけれど、数センチの微調整をしてくれない
 一発でバシっとそこに引けなくてもいいので、終わったらすぐ調整。
・たまにアンヒールしているのに動いてくれなかった。
などです。
ヒールはともかく、アンヒールはスキッパーが動きようがないので
もう少し敏感に気付いていただけるとありがたい。
↑自分も走るのに必死で気付くのが遅れていました。凹

あとは他艇見て水の交渉とかやってくれると助かるので
(特に下っているとき。スキッパーは後ろ見れないので)
普段の練習からいろいろ言ってみてください。笑

まぁとにかくこんな感じで。
6月のレースに比べればずいぶん進歩したというか
変にテンパっちゃうことが減りました。
ある程度練習でやったことが実践できたし
レースならではの事態にもそこそこ対応できました。
たまたまトラブルが少なかったというのもあるけれど
最初のスタートで大失敗して身の丈わきまえることにして
トラブルをなるべく避けてたのもよかったのかと。
↑上で水とられそうなときは大回りしちゃうとか
まずは今日できたことができなくならないことが大事かな、と。

一方で練習の意義っていうのも実感できました。
今後のスタ練では「バウ30センチ」
マーク練では「マークに触らない」ことに特に気をつけたいです。
↑今まで平気でがばがば触ってたので。爆
それから走り合わせではブローやラルを意識すること。
他の風域でもまともに走れるようになること。

長くなったけど以上で。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuatyacht.blog14.fc2.com/tb.php/57-6bead005
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。